【ドイツ】語学学校ビザの取得方法!私の体験談教えます

ドイツには全部で9種類のビザ(正式には、滞在許可)があります。

特殊なものも含めると9種類以上になるのかもしれませんが、私が知っている限りでは9種類(+2種類)になります。

※日本人の多くはビザと言った方が伝わりやすい場合があるので、記事内では滞在許可のことをビザと言っています。

MIZUKI

以下、私が思い当たるビザの種類をまとめました。

  1. ワーキングホリデービザ
  2. 語学学校ビザ
  3. 大学準備ビザ
  4. 学生ビザ
  5. 就労ビザ
  6. 職業訓練(Ausbildung)用ビザ
  7. 研究者ビザ
  8. フリーランスビザ
  9. 配偶者ビザ

上記の他にも、実際に取得できるのかどうか分かりませんが聞いたことのあるビザが、「オペアビザ」と「ドイツの大学卒業者限定の就活ビザ」です。

 
私はワーキングホリデービザ語学学校ビザを取得したことがあり、現在は配偶者ビザを申請中になります。

今日は私が語学学校ビザを申請した時の体験談を皆さんにシェアしたいと思います。

注意
その他のビザ申請方法については私も詳しくは知りませんので、ご自身でお調べになるようお願い致します。語学学校ビザ以外についての質問は現在受付ておりません。

他にもおすすめの記事

ドイツで閉鎖口座(Sperrkonto)を作るならオンラインのExpatrioがおすすめ! 海外送金するなら安心・手数料格安のTransferwiseがおすすめ!紹介特典あり!

語学学校ビザとは?

 
語学学校ビザとは、名前の通り、語学学校でドイツ語を勉強するために与えられるビザのことです。

なので語学学校に通う必要があり、仕事をする場合や大学で勉強するなど、その他の目的で申請することはできません。語学学校に参加する証明書が必要になります。

語学学校ビザの最大期間は1年です。
1年分取得し、その後延長したくても延長できません。その後もドイツに滞在したいということであれば、他のビザを取得する必要があります。
ただし、ちゃんと目的にあったビザを申請するようにしましょう。

 
語学学校ビザは、ドイツ国内にある外人局(Ausländerbehörde)で申請することができます。日本からは出来ません。

そのため、ドイツに入国し、住民登録した後に必要書類を揃えた上で申請する必要があります。

次に、語学学校ビザ申請に必要だった書類を紹介します。



申請に必要だった書類

 
私が語学学校ビザを申請したのは、2018年9月で、NRW州にあるデュイスブルク(Duisburg)というところです。

申請する時期によっては法律が変わっていたり、外人局ないし担当者によって言ってくる内容が違うのがドイツです。
私が必要だった書類が、他の町や同じ町の外人局であっても担当者によって異なる場合がありますので、申請前に必ずご自身で外人局に問い合わせされることをおすすめします。

 
私が語学学校ビザ申請に必要だった書類は下記の通りです。

  • パスポート(Reisepass)
  • 閉鎖口座(Sperrkonto)の残高証明書
  • 健康保険の加入証明
  • 語学学校の在学証明書(Teilnahmebescheinigung)
  • 証明写真1枚(Biometrisches-Passbild)

 
パスポートと写真は原本ですが、その他の書類はコピーで大丈夫でした。
ただ、原本をその場で見せてと言われる可能性もあるので、必要かと思われる書類は全て持っていきましょう!コピーを外人局でしてもらうのにもお金がかかります。

 
大使館によると、長期ビザ申請のためには『申請用紙(Auftrag auf Visum)』というのが必要らしいのですが、準備していたにも関わらず私は提出せずに終わりました。

担当者が忘れていただけなのかもしれませんので、必ず申請用紙を準備していきましょう!申請用紙は大使館のホームページからでもダウンロードできます。



語学学校ビザだけではないですが、その他ビザでも重要視されているのが、『閉鎖口座(Sperrkonto)』と『健康保険の加入証明』です。
どちらも加入している期間分だけビザが出る可能性が高いので、できるだけ長くドイツに滞在したいのであれば閉鎖口座も健康保険も長めに加入しておくことをおすすめします!

おすすめの閉鎖口座はこちら

ドイツで閉鎖口座(Sperrkonto)を作るならオンラインのExpatrioがおすすめ!

 

私の場合
 
健康保険はドイツ入国日から1年3ヶ月分加入しておき、閉鎖口座はドイツに入国してから1年分作成しました。
 
貰えた語学学校ビザの期間は7ヶ月間でした。
担当者によると、ドイツ入国日から1年を計算されるとのことでした。なぜなら、ビザを取得できたのはドイツ入国から約4ヶ月半程経っていたため7ヶ月分のようでした。
語学学校ビザは最大1年のはず…7ヶ月後に再度申請した場合、残りの5ヶ月分の語学学校ビザが貰えるかどうかは・・・申請してないので分かりません。最大1年と言われているので、おそらく大丈夫なのだろうと思いますが、私は7ヶ月の語学学校ビザが切れると同時に配偶者ビザを申請したので詳しくはわかりません。

申請から受け取りまで

 
語学学校ビザを申請するためには、基本的には事前に外人局で予約を取っておく必要があります。

町によっては、1~3ヶ月待ちというところもあるようなので、今持っているビザ(ビザなし入国の場合は3ヶ月以内)が切れる前に予約しておくことをおすすめします。

 
私が申請したデュイスブルクでは、外国人が多いからか、住民登録も外人局でしないといけませんでした。

私が申請した時には、毎週火曜日の朝一に行くと、アポなしで住民登録と同時にビザ申請もできると当時担当された人に言われました。
※年々更に外国人が増えてきているので、同じデュイスブルクでもビザ申請は別途必ず予約が必要になっているかもしれません。

ま、そんなこと知らなかった当時の私は申請書なんて持参しておらず、住民登録をして別途予約を取る必要がありました。



申請してからビザ取得できた期間は?

申請日からビザ取得できるまでは、約3~4週間かかりました。

以下に、当時の私の詳しい状況を記しておきます。

私の場合、ビザなしでドイツに入国しました。
入国1ヶ月目は違う町で住んでいたため何もできず、2ヶ月目にデュイスブルクの外人局で住民登録を済ませ、1ヶ月後にビザ申請のための予約が取れました。つまり、予約がとれたのは入国3ヶ月目で、ビザなし入国の滞在期限が切れるぎりぎりでした。
 
予約日にはまだ語学学校のコースが始まっていなかったため、語学学校の入学許可証(Anmeldebescheinigung)はあったものの、参加証明書(Teilnahmebescheinigung)でないといけないと言われ、その日に『仮ビザ(Fiktionbescheinigung)』と呼ばれるものを3ヶ月分貰いました。
メモ
仮ビザ(Fiktionbescheinigung)とは?
仮に貰えるビザ(滞在許可)のことで、3ヶ月と6ヶ月があります。
申請日に必要書類が間に合わなかったり、予定しているものが滞在許可の期限が切れる後に起こる場合など、どうしても申請が間に合わない場合のみ貰える一時的なビザのことです。カードやパスポートにシールを貼られるのではなく、別途用紙になります。パスポートとともに身に付けておくことが必要。
6ヶ月分貰えるのはまれで、基本的には3ヶ月分だと思っていた方がいいかもしれません。

仮ビザを貰えるかどうかは担当者にもよると思うので、必ずしも貰えるとは限りません。しっかり書類を集め、ちゃんとした目的があるという姿勢を見せることが大切です。

私の場合は、申請日から3週間後に語学学校のコースが始まるため、3ヶ月分の仮ビザがもらえました。

語学学校で参加証明書を貰えた後は担当者に直接連絡し、参加証明書のPDFをメールで添付するだけでよかったので再度予約する必要はなく、ビザが出来た連絡を待つのみでした。

既に書いたように、実際にビザが貰えるまでに3~4週間。もしかしたらもっとかかっていたかもしれません・・・。

ではドイツ入国日から換算すると・・・?
 

ドイツ入国日からみると、語学学校ビザを取得するまで合計したら4ヶ月半くらいかかったんじゃないかなと思います。
もちろん申請書類によってもすぐに申請できるとは限らず、私のように仮ビザを一時的に貰わないといけないという場合も出てきますので、ビザ申請は本当に余裕を持ってされることをおすすめします!

MIZUKI

ビザ申請にかかった費用は?

デュイスブルクの外人局でかかった費用

3ヶ月分の仮ビザは、13ユーロ
7ヶ月分の語学学校ビザ(パスポートに貼るシールタイプ)は、56ユーロでした。

外人局によったら金額が変わってくるかもしれません。

また、6ヶ月以上のビザだとカードタイプを発行されることもあります。その場合、シールタイプよりも金額が高くなります。

 
私が申請したデュイスブルクでは、「受付人数が多いため現在カードタイプは発行していません」とのことでした。

まとめ

 
語学学校ビザを取得したのは昨年の2018年のこと。

1年も経って今更という感じですが、これからドイツで語学留学したいという方を最近みることが多くなり、もしかすると私の経験が少しでも役に立つのかもしれないと思ったため今回まとめてみました。

たくさん調べる中で皆さんも感じているかと思いますが、
ブログによっては必要書類が違う場合があります。または書いてる内容も少し違ったりと…。なぜなら、外人局によってというよりも、担当者によって言ってることが違うからです。

そのため、最終的には自分で外人局に直接問合わせする必要が出てきます。

 
ドイツ人でも嫌がるドイツのお役所。
外国人の私達がドイツで住む場合にはどうしても避けては通れない道なので、嫌でも少し我慢して乗り越えていきましょう!

私もビザ申請するたびにストレスが溜まってましたが、ビザを貰えた時のうれしさは倍です。

最後まであきらめず、戦っていきましょう!

 
ビザ申請・ドイツ生活に関連する記事を以下にまとめておきましたので、よければこちらもどうぞ。

ドイツで閉鎖口座つくるなら

ドイツで閉鎖口座(Sperrkonto)を作るならオンラインのExpatrioがおすすめ!

紹介特典あり☆海外送金するなら

海外送金するなら安心・手数料格安のTransferwiseがおすすめ!紹介特典あり!

ドイツで家探しをする時のヒント

【ドイツで家探し】ドイツにはいろんな種類の住み方がある?住居の選び方のポイント

ドイツでSIMカード作るなら

ドイツで使える格安SIMカード「ja! mobil」の設定方法

ドイツ語の勉強におすすめの教材

独学でもここまで学べる!?ドイツ語学習におすすめの教材紹介します

 
この記事が皆さんのお役に少しでも立てたのなら嬉しいです(^^)/
ビザ申請、頑張って下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください