【ブログ】3週間後にドイツで結婚を控えて、今思うこと。

いつもブログを読んで下さっている方はご存知かもしれませんが、2019年7月にドイツ人パートナーと結婚することとなりました。

初婚となる訳ですが、結婚相手がまさかドイツ人になるとは10年前の私には想像もつかなかったことでしょう。

でも自分が結婚するとなった今、ドイツ人だろうが何人だろうが、好きだと思える相手と結婚できることに幸せを感じています。

今日は3週間後に控えた結婚を前に、自分の気持ちを書き留めておこうと思いこの記事を書いています。

私事ではありますが、もしよければ読んで下さい。

私にとって結婚するということは

 
新しい人生のスタート です。

これまでは一人で生きて来たけれど、これからは二人で協力して1つの家庭を作っていくのだと思うと、新たなスタート地点に立ったような気分になります。

しかも新たなスタート地点は、母国の日本ではなくドイツ。
仕事をするのも、家庭を築いていくのも、もし子どもが産まれたら子育ても、これからは全て異国で経験するんだよなぁ・・・

そう思うと、頑張らなくちゃ!と自分の背中を押す気持ちになります。

 

 
唯一結婚にあたり理想とすることは、
2人でいろいろな壁を乗り越えながら、1つのストーリーを最後まで作っていくことです。

おじいちゃん・おばあちゃんになっても手を繋いでいたいし、何年経ってもお互いのことを尊敬し、配慮し合えるような夫婦でいたいと思っています。

 
1人だった時と比べても、2人になったことでとても気持ちに余裕ができました。

というのも、将来に対する不安が減ったということが大きいかもしれません。苦しい時でも2人いればお互い支え合えるし、1人よりも出来ることが増えるからです。

ある意味、一人の自由というのは減るかもしれませんが、それも相手次第。
私達はいつも一緒にいるけれど、好きなことをしたいことがあれば好きにしていい、そういうスタンスでいるので窮屈な感じはありません。



結婚する実感はある?

 
今のところ、実感はありません(笑)

結婚する日(=ドイツではStandesamtという戸籍役場で役所の人の前でプチ結婚式をしないといけません。)が近づくにつれ、もうすぐなんだな~とは思うけれど、正直なところ、実感はないです。

 
おそらく、結婚式当日になってやっと結婚することを実感するんじゃないかなと思います。

ちなみに、マリッジブルーたるものは今のところありません(笑)

 

結婚すると決めてよかった?

 
結婚すると決めて、良かったと思っています!

でも実は、いろいろと自分の中で格闘はありました。
年々歳をとっていく両親。日本とドイツではそう頻繁に訪れることも出来ないし、将来両親の介護のために別居になる可能性もあるんじゃないか…とか先のことを考えると不安でした。

でも、先の分からないことを考えたって仕方ないし、私自身が結婚したいかどうかだけを考えた時には、やはり「彼と結婚したい」という気持ちの方が強かったです。

 
ただドイツで結婚する場合、そう簡単に決めてはいけないと思っています。
ドイツで離婚する場合、日本以上に大変なんです。離婚するためにも裁判をしないといけないし、国際結婚って名だけで実際のところは難しいことが多いんです。

結婚したら配偶者ビザを貰えるからいいな~と思われがちですが、海外で結婚するとなると相当の覚悟をする必要があると思います。

私はその辺も考慮した上で、結婚を決意しました。苦労も覚悟の上、です。



結婚後どうなりたいか

 
いつでもお互い相談し合える、助け合える、笑いあえる、そんな結婚生活を過ごしたいと思っています。

綺麗ごとのように聞こえますよね(笑)
現在の私達がいつも心掛けていることは、「お互いを尊重し、お互いを配慮すること」です。

結婚日を迎えた後も、私達の心掛けは変わることはありません。
これを続けていれば、『いつでもお互い相談し合える、助け合える、笑いあえる』という生活も無理じゃないと思います。

 
少し話が変わりますが、昔、日本とドイツの離婚原因を調べたことがあたのですが、当時の離婚する原因の多くは夫婦の価値観の違いでした。

長く一緒にいる上で、価値観であったり、考え方って似て来るところも少しはありますが、やはり人それぞれですので初めから価値観が似ているような人と付き合うことが長く続く秘訣なのかなと思いました。

私達はその点では問題なく、他の日本人より、また他のドイツ人よりも考え方・価値観と言ったところがとても似ています。

なかなか価値観の会う人と出会うことって難しかったりしますし、相手のことをよく知るためには時間がかかります。
でも、結婚したら長く付き合っていくことになります。そうでなければ離婚しないといけなくなりますしね。そのためにも、結婚前にちゃんと相手を見極めるということは大切だと思います。(できれば相手の家族とかも・・・)

まとめ

 
以上、3週間後に結婚を迎えて今私が思っていることでした。

ドイツに限らず、私のように、これから結婚する・結婚したい人がいるという人がいるかもしれません。
もし私から何かアドバイスをあげられるとしたら、結婚する前に同棲することです。

私も彼とは過去に7ヶ月間でしたが一緒に暮らしたことがあります。
当時は友達同士という関係でしたが、それでも彼の生活スタイルというのは見れましたし、一緒に住んだ経験があったからこそ今でも違和感なく一緒に過ごしてられるのだと思います。

 
数十年夫婦共にしている人たちに比べたら、私なんてまだまだなもの。

今後いろいろな壁にぶち当たるかもしれません。離婚の危機なんてものも経験するかもしれません。でもどんな時でもお互いちゃんと話し合って、2人で乗り越えていきたいと思っています。

3週間後の結婚日についてもまた記事に出来たらいいなと思っておりますので、よければまた見て下さい^^
それでは、結婚前の心境でした!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください