シンガポールでフリーツアーに参加してみた!特典満載!乗り継ぎするならシンガポール♪

みなさんシンガポールはもう行かれたことありますか?
またはもう一度行きたいという方はいますか?

そんな方は是非、シンガポールを経由して違う国にも行ってみましょう!

今日はシンガポールで乗り継ぎするとどれだけお得で楽しめるのかについてまとめてみました。

でも特典を紹介する前にまず私がシンガポール航空を利用した経緯について説明します。

今回、関空からドイツ(デュッセルドルフ空港)に来るために私はシンガポール航空を利用しました。

これまでエミレーツ航空ばかり利用していたのですが、
シンガポール航空のあまりのおもてなしの良さに浮気をしてしまいました(笑)

しかも航空券もエミレーツ航空より安かったのです!
乗り継ぎ時間含め合計26時間と長距離ではあるのですが、無料で1ヶ国旅行ができたので大満足です。

タイミングによればビジネスクラスにアップグレードなんて特典もあり至れり尽くせりな旅でした。

キャンペーン当たってビジネスクラスにアップグレード?!こちらの記事も参考に ↓

シンガポール航空 最新シート搭載の「ボーイング787-10」に乗ってみた

 
今日はシンガポール航空でチケットを予約し、チャンギ空港で乗り継ぎをされる方向けに提供されているサービスのレビューを書いていきたいと思います。

※他の方法でも対象となる場合があります。詳細は下記参照下さい。

無料で、しかも乗り継ぎだけでもシンガポールを満喫できる?!
体験したことをもとにまとめてありますので、是非参考にして下さい♪



全て無料?!対象となる方とは

チャンギ空港で乗り継ぎすれば誰でも利用できるのかというと、そうではありません。

ではどんな人が対象なのかというと、

  • シンガポール航空(SQ)またはシルクエアー(MI)で発券された航空券で、シンガポール航空またはシルクエアー運航のシンガポール発着便をご利用のお客さま。ご利用便は、SQまたはMIで始まっている必要があります。シンガポール航空のフライト番号が4桁の場合は、シルクエアー運航便に限り有効です。また、シルクエアーのフライト番号が4桁の場合は、シンガポール航空運航便に限り有効です。
  • シンガポール航空(SQ)またはシルクエアー(MI)で発券された航空券で、シンガポール航空またはシルクエアー運航便からスクート(TR)運航便にお乗り継ぎのお客さま。
  • ニュージーランド航空(NZ)運航便(SQ4281, SQ4282, NZ281, NZ282, NZ3285, またはNZ3286)をご利用で、シンガポール航空またはシルクエアー運航便にお乗り継ぎのお客さま。

シンガポール航空公式サイトより引用

 
私の場合、シンガポール航空でチケット予約し、予約したチケットはSQから始まっている飛行機でした。
(予約する前に飛行機の番号は確認できるので、予約前に要チェックです!)

上記3点のいずれかに当たる方はおめでとうございます!
シンガポールのチャンギ空港で素晴らしいおもてなしを受ける事ができますよ♪

 
具体的にどんなおもてなしを受けられるのかというと、

  • フリーツアーを受けられる
  • 空港内各種施設で使えるS$20相当のクーポンが貰える

※キャンペーンの期間内での利用になる場合がありますので公式サイトを参照して下さい。

 
それではまずフリーシンガポールツアーについての説明とレビューから紹介していきます!



フリーシンガポールツアー

 

このフリーツアーには2種類ありました。

  1. 乗り継ぎの待ち時間が5時間30分以上のお客様:Heritage Tour(文化遺産ツアー)
  2. 乗り継ぎの待ち時間が6時間以上のお客様:City Sights Tour(市内観光ツアー)
どちらも2時間半のコースで、シンガポール航空・シンガポール政府観光局・チャンギ国際空港による共同企画で、英語での実施となるようです。

乗り継ぎ時間や到着時間によって選べるツアーが異なるのですが、空港を出て無料でツアーを体験できます。

 
私は上記②つ目の「市内観光ツアー」に参加してきました。
私の乗り継ぎ時間は7時間で、シンガポール現地時間16時20分着の飛行機で行きました。

オンラインで事前に予約していくことも可能です!
その場合はシンガポール到着72時間前までに予約が必要ですが、受付がスムーズになり、定員オーバーの心配もなくなるので安心です。

 
勿論当日、空港で直接受付することも可能です!どこで受付できるのかというと、
第2ターミナル乗り継ぎラウンジF近く、または第3ターミナル乗り継ぎラウンジA近くのFree Singapore Tour(FST)受付カウンターで受付し、ツアー出発時刻の1時間以上前に申し込むだけでツアーに参加できます。

 
ただし、チャンギ空港到着時間とツアーの時刻が合わない場合、ツアーに参加できなかったり、希望のツアーに参加できない場合もあるので事前確認が必要となります。
ツアー時間の確認はこちらからできます >> ツアー時間

見た感じ、15時までに到着する方は「文化遺産ツアー」で17時以降の方は「市内観光ツアー」になるようですね。

私が参加したツアーは、「市内観光ツアー」と言ってマリーナベイサンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイをバスで見て回るツアーでした。こちらのツアーに参加したかったので、時間のタイミングといい本当に最高でした!

 
ちなみにオンラインで事前予約された方でも一度受付カウンターにて受付しないといけません。

第2・3ターミナルともに受付カウンターはこんな感じです▼

オンライン予約された方は第2ターミナルF近くの受付カウンターまで行って下さい。
私は第3ターミナル着だったのでそちらに行きましたが、第2ターミナルに行けと言われました。ツアーの出発が第2ターミナルからになるからだと思います。

 
ネットで事前予約された方は予約した受付票を受付で渡してください。パスポートの提示が必要です。

出国するための用紙が渡されますので、全て記入して受付の方に見せて下さい。
※出国票は後で必要になるので無くさないでくださいね!
番号のかかれたシールをもらえますので、胸あたりの見えるところに貼って集合時間に集合場所まで行って下さい。

私は第2ターミナルF近くにある受付カウンターで受付し、出発もその受付カウンターのところからでした。

実は私の便が20分程遅れていたために受付カウンターについたのは17時50分頃。
受付締め切りが18時でしたが、それでもまだ当日受付されてる方もいました。参加者は合計で30人くらいはいたんじゃないでしょうか?

 
出発は18時30分だったので、その間に近くにある「搭乗券特典」をもらいに行ってきました。(下の方に書いてます♪)

それでは、私が参加した市内観光ツアーのレビューです♪
 

市内観光ツアー①

 
18時に第2ターミナルにある受付カウンター前で集合し、軽く説明を受けてから出国カウンターまで。
外でトイレはないから今の内に行っておいてね!と、出国前にトイレ時間も設けてくれました!念のために・・・(笑)

みんな連れだって出国カウンターへ。専用の出国カウンターなのでしょうか?そこまで混んでませんでした。

受付で書いた出国票とパスポートを提示。すんなり出国できるはずですよ!スタンプも押されるのでシンガポールに行ったという証が!

出国手続きが終わるとバスへ乗ります。
是非早めに載って左側の座席をゲットして下さい!左側にマリーナベイサンズなど、有名な観光地が見えます。

まず訪れるのはシンガポールのシンボルとも言える、マーライオンマリーナベイサンズ

マーライオン。定番のあれ、マーライオンの水を飲むポーズやっちゃいましたよ(笑)

マリーナベイサンズ。いつか宿泊して上層階のプールで景色をみたい・・・

約20~25分程の自由時間が貰えてたと思います。
言われた時間までにバスまでに戻らなければ、バスは次の目的地に行ってしまいます。

写真に夢中になって取り残されないように気を付けて下さいね!
ちゃんと全員乗ったかいちいち人数数えてくれませんし、待ってもくれません。

 

市内観光ツアー②

 
次はガーデンズ・バイ・ザ・ベイです。

私が参加したのは2018年6月30日で、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに着いたのは19時過ぎ。
少し薄暗くなってきたかな?というくらいだったのですが、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで滞在している間に一気に真っ暗に。

でもおかげでライトアップを楽しめることができました!

奥の方に行くと、大きな横たわった赤ちゃんがw

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ側からみた夜のマリーナベイサンズもいい感じでしたよ!

 
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイでは約30分程の自由時間が与えられるのですが、
私はバス発車時間の超ギリギリまで観光してしまいました。あまりの綺麗さに写真に集中してしまったんですよね。

バス発車まであと5分なのにまだガーデンズ・バイ・ザ・ベイの一番奥にいました。

たまたまツアーに参加していた他の日本人の方と一緒に回っていたのですが、あと5分しかない!と気付きみんなでダッシュ。
私はバックパックとハンドバックを身に付けたままでツアーに参加していたので総合計約10kgの荷物とともに走りました(汗)

バス停まであと少しなのですが、その時点ですでに発車時間。

あ~終わったかも~。自腹でタクシーだとしてもシンガポールドル持ってないしどうしよ~。

とか考えながらも、一握りの希望を持って猛ダッシュは続けました。多分1kmは走りました。他の方は荷物はそんなないものの、なぜか私より遅い・・・

よくそんな荷物で走れるね・・・何かスポーツしてたの?!と驚かれるほどでした。

自腹を切りたくないというケチな考えで必死だったとは言えない・・・(笑)

集合時間を1分過ぎてバス停に着いたのですが、迎えのバスもちょうど到着したところでした。
え、バスどこ行ってたの?って感じですが、自腹を切らずに何とか空港に戻ることができました(笑)

 
ツアーは始終英語で行われます。
なので全く英語が分からない人が一人で参加すると、集合場所はどこで何時までにバスに戻ってこないといけないのかとか理解できないと思います。

他に英語のわかる日本人がいれば別ですが、
もし回りに誰もいない場合は理解するまで回りの人に聞くか、ツアー参加者の誰かを覚えておきその方の後ろについていく行くというのもありでしょう。ストーカーみたいですがw

私は英語はそんな話すことはできませんが、ホテルで受付の仕事をしていたおかげか集合時間や場所などは問題なく聞き取れました。

 
ツアーも終了し、バスからおりたら今度は入国審査になります。
簡易な手荷物検査とパスポートをスキャンしてゲートを通るのですが、このゲートの感知の悪さ!
指紋を取られるのですが3回目でやっと通らせてくれましたよ~。

チャンギ空港に無事に戻った後は、同じツアーに参加していた方とも別れ20シンガポールドル分の搭乗特典を使うためにラウンジに行ってきました!



搭乗券特典

 
それでは搭乗券特典について説明していきたいと思います。

▼こちらは期間限定になります▼

2018年9月30日までの期間にシンガポールで乗り継ぎをする方のみ空港内各種施設で使えるS$20相当のクーポン「チャンギ・トランジット・リワード」を受け取ることができます。

まだ間に合う人は、急げ~!

 
それでは特典の詳細ですが、以下のいずれか1つを利用出来ます。

  • 一部のチャンギ・トランジット・リワード対象外店舗を除いた、シンガポール チャンギ空港内の乗り継ぎエリアおよびパブリックエリア内のすべての店舗、サービス店で利用
  • 第2および第3ターミナルの「アンバサダー・ラウンジ」の1回のご利用(最大2時間まで)

 
私は出発までに1時間30分程まだ残っていたのでラウンジを利用することにしました。

たくさんではありませんがご飯と飲み物が置いてありました。
機内でもご飯が出るだろうと思いたくさんは食べませんでしたが、少しずつ全種類取りました(笑)

受けられるサービスを全て受けている私。
ケチやなこの人~って思われてるかもしれませんが、ただ楽しんでるだけですよ!笑

 
乗り継ぎ場所まで以外と距離はあったので早めに退出。

トイレやシャワーも浴びれるようでしたよ。もっと時間があればシャワー浴びたかったな・・・

まとめ

 
今回はドイツ、デュッセルドルフへ行くまでの乗り継ぎとして利用したシンガポール空港。
たまたまシンガポール空港で予約した方が一番安かったため取った航空券でしたが、こんなにも特典があったなんて!

そして7時間という乗り継ぎ時間長いな~というイメージだったのですが、こんな至れり尽くせりな体験を全て無料でさせていただけたのであっというまの7時間になりました。

私が体験した市内観光ツアーですが、シンガポールに行けば必ずみたいスポットに連れて行ってくれます。
正直、別途旅行しに来る必要がもうないのでないかと思ったくらい(笑)

ただゆっくりとはできませんので、じっくりシンガポールを体験したい人はしっかり宿泊することをお勧めします。

 
そしてシンガポール航空のレビューですが、
フライトアテンダントの方々も親切で設備も問題なし。また利用したい航空会社の1つになりました!

以上です。是非みなさんもシンガポールで乗り継ぎしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください