ドイツの銀行で口座開設するならnorisbankがおすすめ!無料で開設できて維持費も無料。口座開設の仕方教えます

 
日本と同様ドイツにもダイレクトバンキングとオンラインバンキングがあります。

  • ダイレクトバンキング:支店を構え、ドイツ全国で振込・引き出しが可能
  • オンラインバンキング:オンライン上のみに口座がある
 
 
ダイレクトバンキング
メリット

  • 支店があり対面で相談をすることができる
  • ドイツ全国で入金・引き出しができる
デメリット
  • 基本維持費がかかる(学生・一定以上の収入がある人は対象外)
  • 外国人は口座開設が難しい

Deutsche Bank・Sparkasse・Volksbank・Post bankなど

ダイレクトバンキングでのメリットは、対面で話せるのでわからないことがあってもすぐに解決できることでしょう。
ただし、ドイツ語もしくは英語での会話になりますので言語に不安がある方は大したメリットにはならないと思います。

MIZUKI

 
 
オンラインバンキング
メリット

  • 口座開設費と維持費が基本無料*(*一部手数料あり)
  • 外国人でも簡単に開設できる
デメリット
  • 引き出しできるところに限りがある
  • オンライン上なので対面での相談ができない

norisbank・N26・DKB・comdirektなど

オンラインバンキングに関しては、全てがオンライン上で解決してしまうので支店に出向く必要もなく維持費が無料なところが多い。
安く簡単に口座を作りたい人はオンラインバンキングがおすすめ!

MIZUKI

 
 

また、ドイツには3つのタイプの口座があります。

  1. 普通口座(Girokonto)
  2. 貯蓄口座(Sparkonto)
  3. 閉鎖口座(Sperrkonto)
 
  1. 普通口座は日本と同じ口座のタイプです。
  2. 貯蓄口座というのは貯金・投資をしたい方向けの口座になりますが、ほとんどの日本人は持っていないでしょう。
  3. 閉鎖口座というのはドイツで語学学校ビザや学生ビザを取得したい方が必ず開設しないといけない口座になります。
    詳しく説明すると、出金額に上限がある口座になります。
    ※この閉鎖口座については別の記事で紹介します。
 
今回はnorisbankの①普通口座(Girokonto)について紹介していきます。



norisbank おすすめの理由

 
norisbank は deutsche Bank に買収されたため、現在は支店を持っていません。
なのでオンラインバンキングの位置づけとなるのですが、
他のオンラインバンキングと比べてもかなりコスパがよく、融通が利く銀行です。

それでは norisbank を有名な N26 と比べてみましょう。

N26
  1. 入金:100€を超える入金には手数料がかかる
  2. 引き出し:REWEなどドイツ全土にあるスーパーで引き出し可能
  3. 維持費:口座にお金が入っている場合は維持費は無料(0円の場合有料)

N26もオンラインバンキングであり、基本的には維持費無料です。
ただし、口座にお金が入っている場合は維持費は無料になりますが0円の場合は手数料がかかります。

またN26の場合は引き出しは特に問題ありませんが、入金は毎月100ユーロまでしか無料ではありません。
ユーロでの手取り入金がある方はどうされてるのでしょうか・・・

周りのドイツ在住日本人に聞いてもほとんどの人がN26を持っておられます。
おそらくTransferweisで日本円からユーロに送金して使う方に最適なのだろうと思います。

もちろん給料の振込先をN26にするということは可能なので、全く使えないわけではありません。
引き出しもREWEなどドイツ全土にあるスーパーで簡単に引き出せるのは便利ですね。
 
 
ただ、私には100€を超える入金に手数料がかかること、
口座が0円の時に維持費がかかるのが嫌でN26での口座開設を諦めました。
 
 
それではnorisbankはどうでしょう。
 

norisbank
  1. 入金:制限なしで無料
  2. 引き出し:deutsche BankのATMにて無料
  3. 維持費:無料
 
完璧ですよね。というか、日本で口座を持つ時と条件がほぼ一緒です。
ドイツでの口座を持つと常に維持費など手数料との闘いですが、
norisbankに関しては心配いりません。
 
 
そんなnorisbankにも2つ注意点があります。

  1. コインが預けられない
  2. もし口座が0円になった場合のZinsen Dispokreditというキャッシング金利が高額
    ※申込み時に「Dispoなし」にすればキャッシング機能がつかないので問題ありませんが。



norisbank 口座開設の流れ

申込み

 
norisbankのホームページ から申込みをします。

Girokonto >> 「Jetzt eröffnen」

「Jetzt eröffnen」を押したら、
次のような画面になるので全て選んで >> 「Weiter」

※私は全て「Nein」にしました。

次に、個人情報を入力します。




個人情報を入力した後は、税金や連絡方法などを聞かれます。






このあとは身元確認の方法について聞かれます。

外国人の私たちは、残念ながら現時点ではポストで身分証明をするしかありません。

口座を早く開設したい場合はメールでPDFを送ってもらい、自分で印刷して郵便局へ持っていくといいでしょう。
私はメールで送ってもらう上に郵便物での受取りを選択してみましたが、
家にプリンタがない人は無料で郵便で送ってもらうのもいいと思います。

「自分で印刷する」を選んだ人は、このような画面になります。

「Antrag Aufrufen」を押したら完了です。
すぐにメール申請書とPostIdentのクーポンが送られてきます。

norisbankから届いたメールはこんな感じです↓

書類を印刷して、それらとパスポートを持って郵便局へ身分証明に行って下さい。

※もし郵送で書類を送ってもらうのであれば、このような画面になります。

要するに、書類を受け取ったらそれらを持って郵便局へGOということですね。

補足
ちなみに書類にサインするところがありますので、
サインしてから郵便局へ持って行った方がスムーズでいいです。

本人確認(身分証明)

 
メールもしくは郵便で届いた書類は2種類あります。

  1. 申込みフォーム
  2. PostIdentのクーポン

申込内容に間違いがないか再度確認し、OKだったらサインして郵便局へ。

この時に必ず一緒に持って行って欲しいのが、パスポートです。

私はパスポートを提示するだけで良かったのですが、
ドイツの住所が載ったものが必要だと言われる場合があります。

その場合は住民登録を念のために持っていくといいと思います。

郵便物受取り

 
郵便局で身分証明を出してから、2~3日で私の書類が無事届いたよというお知らせメールが届きました。

そして約1週間少しでIBANなどが載った書類など何通にも分かれて送られてきました。

届く書類は合計6通で、

  1. キャッシュカード
  2. IBANやBICなど口座情報
  3. オンラインバンキングのPINコード
  4. テレフォンバンキングのPINコード
  5. ATM(Debitkarte)の暗証番号
  6. FOTO TAN情報(スマホのアプリなどに使える)
 

これらの書類が届けば口座は開設され使えるようになっています。

スマホでも残高確認ができるので、アプリを入れておくと便利だと思います。

まとめ

 
外国人がドイツで口座開設するのはなかなか難しいと聞きます。
特に支店を構えるダイレクトバンキングなんかそうらしいですね・・・

でも今回おすすめしているnorisbankは支店はありませんが、
オンラインで簡単にスピィーディに開設できちゃうので入国してからでも安心してすぐに開設できます。

また、口座維持費や入出金に手数料が要らないというところが大きなメリットですね。

ちなみに、
deutsche BankのATMならドイツ全国どこでも無料で入出金ができるので安心です♪

私の場合は申込から開設まで約1週間程度でできたと思います。
ドイツ語が分からなければ開設は難しい場合もありますが、
この記事でも日本語で説明をいれてあるのですぐにできると思います。

ドイツで生活するなら必要になってくる銀行。
ぜひ手数料無料で簡単に作れる norisbank 使ってみたらいかがでしょうか。

20 Comments

MIZUKI

コメントありがとうございます。
Steuer-IdNrとは税金番号のことになります。ドイツで既にお仕事されドイツで収入がある場合(税金を納めないといけない場合)は記入した方がいいと思います。
私の場合、ドイツでまだ仕事がなく日本で住民登録を外してきているため両国ともに税金番号がわかりません。そのため空白で申し込みましたが、特に問題はありませんでした。
ドイツでお仕事されていない限り、とりあえずドイツ以外の国での税金支払いに設定しておき、Steuer-IdNrは記入しなくていいかと思います。
既にお仕事されている場合は念のため税金番号記入して下さいね。

返信する
ARISA

こんにちは。ドイツにワーホリで来て1年間滞在していたのですが、いよいよ帰国が近づいています。norisbankを使用していたのですが、帰国前に閉鎖したいと思っています。ドイツ語は結局のびなかったので、口座の閉鎖についても教えて頂けたら幸いなのですが、いかがでしょうか。よろしくお願いします。

返信する
MIZUKI

ARISAさん

コメントありがとうございます。
日本へ帰国されるのですね。norisbankでまだ解約をしたことがないのではっきりとはお伝えできませんが、調べたところオンラインで解約書を記入・印刷して、それに署名したものを郵便で送る必要があるようですね。ただし、普通口座を閉鎖できてもアカウントが完全に消える訳ではないようです。つまり、個人情報ということでしょう。
アカウントも完全に消されたい場合は書面で削除依頼を出す必要があるようです。
こちらをご参考なさって下さい。
https://www.finanzfluss.de/norisbank-konto-kuendigen/

右上にある「Jetzt Kündigen」から普通口座の解約を申請することができるようです。全てドイツ語になりますが、翻訳を使えば理解できるかと思います。

※私自身まだ解約の経験をしていないので、あくまでも調べた情報になります。
よろしくお願いします。

返信する
ゆか

はじめまして。
数ヶ月前にノリスバンクの口座を開設し書類諸々全て届きました。
最近、photoTANの手続きを進めて下さいと連絡があったのですが、詳しい手順はご存知でしょうか….?
ご回答お待ちしております。

返信する
MIZUKI

ゆか様

お問い合わせありがとうございます。
することとしてはあまり難しくなく、photoTANのアプリのダウンロードとコードを読み取りAktivierungするだけです。
手順等の詳しい内容はこちらで紹介されてますのでご参照下さい。
https://www.norisbank.de/service/phototanold.html
下の方に動画もありますので、もしドイツ語があまり理解できなくても進められるかと思います。
尚、Aktivierungsbriefと言って、photoTAN用の書類が必要になります。その書類を手元に、パソコンとスマホで操作すると簡単だと思います。
無事、利用できるといいですね。あと少しですので、頑張って下さい^^

返信する
ゆか

ご回答ありがとうございます。
実は動画や手順も見てみましたが、ログイン後のIhre Finanzübersichtのページが動画とは全く違うページに飛んでしまいます….。
書類等は全部揃っているので問題無さそうです。
もう少し色んな方に聞いてみます。

ゆか

度々失礼致します。
時間をおいて何度か試してみた結果、時間はかかりましたが、無事認証完了しました。
とても参考になる記事やご回答ありがとうございました。
これからもドイツの情報楽しみに拝見させていただきます。

MIZUKI

ゆか様

無事認証されたとのこと、よかったです。
norisbankは振込や入出金が無料なところがとても便利ですよね。
支店はないですが、オンラインでも十分なくらい便利ですので今後役立つかと思います。
今後もぼちぼちブログを更新しておりますので、よければまた見ていただければ嬉しいです。
ご報告ありがとうございました^^

ゆか

先日はアドバイスありがとうございました。
実はあの2-3日後にノリスバンクにログインできず困っております….。
norisbankのWebサイトからログインしようとすると下記のような文が表示されるんですが、他の方はどうなっているのか気になってコメント致しました。
結果、norisbank に問い合わせ中ですが(まだ返信はありません)ログインできずに1週間程経ちます….

Sehr geehrte Kundinnen und Kunden,

aufgrund der Vorgaben durch die neue EU-Zahlungsdiensterichtlinie PSD2 ist der Zugang zu Ihrem norisbank Online-Banking an dieser Stelle aktuell leider nicht mobil verfügbar.

Verwenden Sie doch bitte stattdessen einfach unsere „norisbank App“ (iOS & Android) und erledigen Sie Ihre Bankgeschäfte sicher und bequem von unterwegs. Alternativ können Sie auch den Desktop-Zugang des Online-Bankings (s.u.) nutzen.

返信する
MIZUKI

ゆか様

なるほど、もしかするとEUで新しくできた決まりのせいでパソコンからのログインが難しいのかもしれません。
これもセキュリティのためなので本来ならいいことではあるのですが、パソコンからオンラインバンキングにログインする際にPHOTO-TANが必要になってきます。逆にスマホのアプリからログインする際にはPHOTO-TANは必要ないため、PHOTO-TANの登録が完了していない場合はスマホでログインしてくださいとなっているのかもしれません。(スマホでログインの際には暗証番号か指紋が必要)
ただ前回PHOTO-TANは認証されたということなので、ゆか様の場合、原因がPHOTO-TANなのかどうかがわかりません。
新しい決まりのせいで、PHOTO-TANアプリを利用する際にも暗証番号もしくは指紋を入力してからでないと使用できなくなったりと、安全性は上がっていますが面倒さも増えています。

「Alternativ können Sie auch den Desktop-Zugang des Online-Bankings (s.u.) nutzen.」とあるので、恐らく下の方にURLか何かがあるのかと思いますが、そこからログインすることはできませんでしょうか?もしかするとそこからであればログインができるのかもしれません。
新制度以降に新たに登録をしたことがないので、詳しいことをお伝えすることはできないため、やはり最終はnorisbankからの返答を待つしかありません。

詳しいお答えが出来なく申し訳ございませんが、一度ご確認いただければと思います。

返信する
ゆか

ご返信ありがとうございます。
調べてみた結果、photoTANの認証完了後、PINコードの入力を3回間違えており(間違えた記憶はありませんが…)再度photoTANの認証をしないといけない状況になってました。
ただアプリを使用して画面上のグラフィックの読み込みが上手く行かずエラーになる為、時間はかかりそうですが、もうしばらく試して様子を見ることにします。
今回も分かりやすいご回答ありがとうございました!

返信する
ぽん

こんにちは!
閉鎖講座に続きこちらのサイトもかなり参考にさせていただき、助かりました。無事に開設できたのですが、ドイツ銀行が破掟するかも?!というニュースを見て 早くも別の銀行を開設するか迷っているところです。ドイツ銀行が破掟したら子会社であるnorisbankも影響があると思うのですが、資金移動などはしていますか??
記事と関係のないことですみません。

返信する
MIZUKI

ぽん様

こんにちは!当ブログを参考にしていただきありがとうございます。
ドイツ銀行が破綻するかどうかという話がもう何年も言われていますね。まず私の現状から言いますと、norisbankの口座を閉鎖したり、資金移動はしていません。
万が一ドイツ銀行が本当に危ないという事になれば旦那の口座に資金移動をするかと思いますが、ドイツ銀行が破綻するとしてもまだまだ先の話だと考えています。もしくは破綻しない可能性もあります。
もしご不安なようであれば他の銀行で口座を作られるといいと思いますよ^^ドイツにいる日本人がよく使っているのはN26と聞きますし、ベルリンならDKBとかもありますね。
ただドイツ銀行はAG(Aktiengesellschaft)なので、万が一破綻したとしても口座に50万以下のようにあまり大金が入っていなければ破綻後も返済される可能性はありますね。(大金を口座に抱えている企業等は返金対象に入らなさそうですが…)逆に言うとGmbH(Gesellschaft mit beschränkter Haftung)の銀行であれば、破綻してしまえば個人・企業と関係なく返金は一切なさそうですね。今後どこかの銀行で口座を検討される場合はそういったところも検討されてみてはいかがでしょうか。

いずれにせよドイツ銀行が破綻するとなると政府が動きますし、ドイツ銀行が破綻したとなれば続けて他の会社も破綻の危機に陥るはずです。ドイツ・日本と関係なく、どんな会社もいつ破綻するか分からない時代です。ご存じだと思いますが、現に長年続いていたイギリスの旅行会社も破綻していますしね。つまり何が言いたいかといいますと、norisbankやドイツ銀行に限らず他の銀行、または他業界の企業も存続するか破綻するか誰も分からないことなので、後は自分で選ぶしかないということですね。
私個人の見解では、norsibankの資金移動や保持についてはとりあえず様子見というところですかね。

かなり個人的な意見および回答ですので参考にならないかもしれませんが、お答えになっているといいのですが…。
よければ今後もブログ閲覧していただけると幸いです^^

返信する
ぽん

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。とっても細かくわかりやすく教えていただきありがとうございます(^^)!
知らないことばかりだったので勉強になりました!今は様子を見ることにして、他の銀行も少し調べてみます。ありがとうございました!!

返信する
M.

こんにちは、初めまして。
今回、Deutschebankで30歳以下のauszubildung生(職業研修生)や学生は維持費、開設費共に無料でしたのでDeutschebankの口座を持っていたのですが
仕事をするようになって、3ヶ月18€の維持費が必要と通告されたのでドイツに来て5年目で初めてオンラインバンクを探している者です。
MizukiさんはNorisbankの維持費は無料と書いてましたが、私が昨日(2019年11月25日)申請してる途中の確認事項でクレジットカードは無料でしたがECカード発行すると年間27€の支払いがあると書かれていたので、途中で申請キャンセルしました。(ECカードが無かったら銀行窓口のみでの引き出しになり、その手数料が値段は忘れましたがもちろん高かったので)
Mizukiさんはどのように無料の維持費で申請出来たのか教えて頂けると幸いです。
それとも、仕事を持ってたら維持費が変わってくるのでしょうか・・・

返信する
MIZUKI

M. 様

お問い合わせありがとうございます。
Deutsche Bankは学生の間は維持費無料ですが、学生期間が終わると維持費かかりますね。維持費かかるのはドイツでは基本で、むしろ無料のところの方が珍しい気もします。
norisbankにおいては現在普通口座(Girokonto)の維持は無料です。M.様はnorisbankのホームページをご覧になられましたでしょうか?ホームページのTOPページに行くと、Girokonto・Kredit・Mastercardsと選べるところがあるかと思います。
おそらくMastercardsを選ばれたのではないかと思います。直接Girokontoのページに行けるようにここにリンクを張っておきますね。→https://www.norisbank.de/produkte/girokonto.html?kid=i.1.10.01.02.0

Girokontoのページを見てもらったら分かりますが、無料と書かれているはずです。このページから申請し、普通口座の開設であれば維持費無料で利用できますよ。
Girokontoを開設した場合、マエストロカード(Maestro-Card)と呼ばれるキャッシュカードが貰えます。このキャッシュカードで現金の預入れ・引出し、振込みが可能ですし、口座から即引き落とし(クレジットカードのように翌月引き落としではない)されますがキャッシュカードでの支払いも可能です。

もしMastercardのようなクレジットカードが必要な場合、普通口座申請と同時に申請することができますが、収入がない場合はクレジットカードの維持費がかかります。
私はキャッシュカードのみなので収入の有無関係なく常に無料ですが、クレジットカードを持つとなると収入の有無で維持費が必要かどうかで変わってくるかと思います。
ただ私もクレジットカードを作っていないのでこれ以上詳しくは分かりませんが、ホームページを見るところ、簡易なMastercardであれば収入があれば維持費が無料だと私は解釈しています。参考にしたページはこちらです。→https://www.norisbank.de/produkte/top-kreditkarten.html?kid=i.1.46.01.04.0

M.様がおっしゃられているECカード(27€)というのがどのカードなのかがよく分かりません。ホームページを見たところ24€でMastercard(収入がない場合)が作れるとありますが、27€のECカードというのがどのものを指しているのかが分からないため、その件につきましては詳しい回答はできそうにありません。
ただ、Mastercardのようなクレジットカードが必要ないようであれば、私のようにクレジットカードの申請をせず、キャッシュカードのみになる普通口座(Girokonto)の申請をされるといいと思います。
逆にクレジットカードが必要な場合、収入証明書などを提示する必要があると思います。ただ収入と言っても最低金額があるのかもしれませんし(無いかもしれませんが)、Ausbildungとなると最高でも1000€超え貰えたらいい方の収入額となると思うので、そのあたりをお調べになられてから申請されるといいかと思います。

この回答がいくらか参考になるといいのですが…。当記事をご覧いただきありがとうございます。

返信する
M.

お返事ありがとうございます。
説明が下手くその言葉足らずですみません。Norisbankのホームページからオンライン申請の途中経過で規約確認があったのでさすがに50ページ全部は読んでませんが掻い摘んで読んでたら年間で24€(27€は間違えてました、すみません)デイビッドカード(ecカード)にかかると読んで、ホームページのトップには無料で書いてるのになんでだろうと疑問に感じたので1度検索してみようと思い、
実体験を通して無料と紹介されているMizukiさんに質問してみました。
クレジットカードとデイビッドカード自体は両方必要で、
申請中に出てきたこの規約にはクレジットカードに基本年間費用無しでしたがデイビッドカードに24€と表記があり、
先程もう一度詳しく読んでみたら、その時に私はもしかしてgirokonto plusの事かMizukiさんの仰る通りMasterCard込の表を読んで勘違いしたのかもしれません。今探してみるも、確かに全て無料表記でした。
しかし、MasterCardのクレジットカードは必要ですがMasterCardのデイビッドカードは必要無いので無料と考えて大丈夫そうですね。
オンラインで銀行口座を作るのが初めてなので、なにもかもが怪しく見えてしまいドキドキです。
ちなみにDeutschebankでは私は学生が終わって就職して10ヶ月後から有料になりました。
この10ヶ月がなんの期間だったのかは不明ですが・・・
早急のお返事助かりました。ありがとうございます。

返信する
MIZUKI

M.様

ご連絡ありがとうございます。
はい、デビットカードが必要でない場合はクレジットカードのみとなり、収入のあるM.さんはおそらく維持費無料でクレジットカードを持てる、ということになるかと思います。

念のため、2つのタイプのクレジットカードについてまとめておきました↓

① Mastercard Kreditkarte:普通口座に毎月収入がある場合のみ維持費無料(Die kostenlose Mastercard Kreditkarte ohne Jahresbeitrag (Bonität und monatliche Geldeingänge auf dem Top-Girokonto vorausgesetzt)
→https://www.norisbank.de/produkte/mastercard-kreditkarte.html?kid=i.1.40.10.12.0

② Mastercard direkt(Debitkarte):収入の有無関係なしに24€(Starke Leistung für 24€ Jahresbeitrag. Die Mastercard direkt bietet Vorteile einer Kreditkarte bei voller Kostenkontrolle (Bonität vorausgesetzt)
→https://www.norisbank.de/produkte/mastercard-direkt.html?kid=i.1.45.05.55.0

名前がどちらもMastercardで始まっているのでどちらかはっきりしにくいですが、①クレジットカードと②デビットカードという名前で言うと、①クレジットカードは収入がある場合は維持費無料で、②デビットカードは収入の有無関係なしに24€、と私は解釈しました。
前回の私のコメント内にある「簡易なMastercard」は、今回のコメント内でいう「①Mastercard Kreditkarte:普通口座に毎月収入がある場合のみ無料」のことです。

ご心配のようでしたら申請前にnorisbankに問い合わせしてみるといいかもしれません。
維持費の確認と同時に、仮に収入源がなくなった場合(クレジットカードはすぐに解約できるのか?)や就職先が変わった場合の処理などを問い合わせてみてもいいかと思います。

ちなみに、ドイツ銀行の10ヶ月の期間は、ドイツ銀行がただ見落としていただけなのか、もしかしたら卒業後すぐに就職するとは限らないため一定の猶予期間を設けてくれているのかもしれません(あくまでも私の勝手な推測ですが…)。

以上になります。少しでもお役に立てたようであれば光栄です。
お仕事頑張って下さいね^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください