ドイツの交通機関(電車・路面電車・バス・タクシー・飛行機・自転車)旅行時、快適な移動をするには?

海外旅行で英語やドイツ語などの現地の言葉がわからないと一番不安になるのが、交通機関を使った「移動」ではないでしょうか?
電車・バス・タクシー・・・たくさんの交通機関がありますが、いつ・どこで・何の交通機関を使えば一番不安なく、快適に移動できるのか。経験を元にお伝えしたいと思います♪



ドイツはヨーロッパでも中央に位置しており、ドイツEU圏内であればパスポートなしで移動することも可能です。日本のように時間通りに来るわけではないので、時には”運次第”というところもありますが、基本的には事故も少なく快適に移動できると思います。しかし、日本の1分単位での定刻通りでの移動は期待しない方がいいでしょう。その点も含め、交通機関別に紹介します♪

電車

 


 
 
ドイツ語で地下鉄は、die U-Bahn(ウーバーン)と言います。市電は、die S-Bahn(エスバーン)です。
ドイツではDeutsche Bahn(ドイツ鉄道)が運営しており、ドイツ国内どこへ行ってもDBのマークがついた電車を見かけます。基本的には社内にトイレがついており、シートもしっかりしているので快適に座ることができます。
全ての電車で、指定席と自由席があります。ドアの横に1と2の数字が書かれているのですが、1が指定席2が自由席です。先頭1~2両目(4両目までの時もあり)までが1(指定席)、3~6両目位からが2(自由席)というのがほとんどです。
指定席に乗るには事前に窓口・マシーン・オンラインで予約しないといけません。おすすめはスマホのDBアプリ。過去に乗った履歴も残りますし、回ってきた車掌さんにQRコードを提示するだけなのでとても簡単です♪ → Die Bahn App
もちろん、印刷したものを提示してもOKですよ♪
 
参考 パソコンからの予約や時刻表はこちらからDB Bahn

 
そして気を付けてほしいのが「電車の種類」。
 
電車の種類について
  1. ICE(Inter City Express):都市間超特急
  2. IC(Inter City):都市間特急
  3. EC(Euro City):欧州都市間特急
  4. RE(Regional Express):地方都市間急行
  5. IRE(Inter Regio Express):地方都市間急行
  6. RB(Regional Bahn):普通電車
  7. S(S-Bahn):市内普通電車
  8. CNL(City Night Line)/NZ(Nacht Zug):寝台列車
  9. Autozug:カートレイン(自動車運搬夜行列車)

このDBバーン、乗ってしまえば快適なのですが、1時間とかの遅延は頻繁に起こります。定刻通りに来たら奇跡だと思った方がいいかもしれません(笑)なのでDBを使った移動をするなら、時間に余裕を持ったプランをすることをお勧めします。本や飲食物を持ち込むのもありですね♪

おすすめポイント
  • DBアプリでチケット予約&購入
  • 時間に余裕を持った移動プラン

路面電車(トラム)

 


 
ドイツ語で路面電車は、die Straßenbahnです。
この路面電車、かなり便利です!勿論トラムがある街とない街があります。私が初めに住んでいたミュンスターという街ではトラムはありませんでした。ミュンスターは小さな街で、自転車の街として有名です。それゆえにトラムは必要ないのかもしれないです。(遠出の移動は基本、車かバスのようでした。)
次に住んでいたライプツィヒにはトラムがありました。10~20分置き位に走っているので便利です。DBと違い遅延は少ない方です。日本のように1区間何円とかではなく、1回あたり1.8ユーロ位で乗れます。(例:ライプツィヒの市内を超えると金額は変わります。)つまり、長く乗る方がお得(!?)トラム内もしくは待合いのところに切符販売マシーンがあるので、切符は必ず購入し、乗りこんだらすぐに刻印をしましょう!この刻印がないと、切符を持っていても不正乗車とみなされますのでお気を付けを。もし切符を不正、もしくは不携帯の場合は罰金の対象になります。外国人の場合はパスポートの提示も求められます。

日本のように、U・Sバーン、トラムにおいて改札がありません。なので簡単に不正乗車をしようと思えばできちゃいます。でもその分罰金もしっかりとられますし、複数回見つかると逮捕される可能性もあります。電車だけでなく、トラムにおいても見回りがたまに回っています。(実際回っているのを見たことがあります。)改札がないからといって油断せず、電車・トラムにおいて切符の購入と刻印は必ずしましょう!

おすすめポイント
  • トラムのある街での移動はトラムを利用しよう!
  • 切符は必ず購入&刻印

バス

 


 
ドイツ語でバスは、der Busです。
どの町にもバスはあります。日本で見慣れた形のバスもあれば、車両が2つある連結バスもあります。こんな長いバス、よく運転できるなぁと見るたびに感心します。日本と違い、車幅が広いからできることなのだと思います。
日本と違うところは車体だけではなく、乗り方にも違いがあります。
日 本:「後ろから乗って、前で降りる (後払い)
ドイツ:「前から乗って、後ろ(真ん中)で降りる (前払い)
定期券などカードを持っている人は刻印することをお忘れなく!バス停にはチケット自動販売機はありません。現金で乗車するなら、まず先頭のドアで運転手に行先を伝えてお金を払って下さい。また、大きなお金を渡すと嫌がられるのでできるだけ小銭や5ユーロ程度までの細かなお金を用意しておくことをおすすめします。時刻表の見方は日本とあまり変わりありません。降りる時も、おりる駅が来たらボタンを押すだけです。切符を買ってしまえば、あとは不安なく日本と同じように乗っていたら大丈夫です。

おすすめポイント
  • 細かいお金を持ち合わせておく
  • 前から乗って後ろ(真ん中)から降りる(前払い)

タクシー

 


 
ドイツ語でタクシーは、das Taxiです。
日本と違いはほぼありません。日本のタクシーは自動ドアが多いですが、ドイツでは手動です。そして、基本的には助手席から乗ります。日本ではなぜかお客さんは後部座席ですよね。でもドイツでは助手席から乗り込みます。(もちろん後部座席に乗っても文句は言われません。)
後部座席でもシートベルトの着用は心掛けて下さい。日本ではシートベルトの着用がまだまだされていないように感じますが、ドイツでは若者でも結構しっかりシートベルトはしています。タクシーだけでなく、自家用車やバスでもそうでした。
基本料金は日本とあまり変わらない、もしくは少し安めです。ですがチップ文化の国です。強制ではありませんが、10~15%くらいのチップを渡してあげましょう。(電車・バス・トラムなどの公共交通機関ではチップは不要です。)

おすすめポイント
  • 10~15%のチップを渡してあげる
  • 助手席からの乗車
  • シートベルトの着用

飛行機

 


 
ドイツ語で飛行機は、das Flugzeugです。
ドイツの航空会社といえば、ルフトハンザが有名ですよね。私の中でルフトハンザは高いけど安全というイメージがあります。悪いイメージと言えば、従業員が度々ストライキを起こしていることくらいでしょうか(笑)予約していた人達にとっては本当迷惑ものですが…。
ドイツと日本を結ぶ空港は、ミュンヘン・フランクフルト・ハンブルクになります。首都ベルリンからの直行便は出ていないので、ベルリンから日本もしくは日本からベルリンへ行くにはどこかで乗り継ぎが必要になります。私個人的には、ミュンヘンの空港が好きです。空港に本屋さんやスーパー、バイエルンミュンヘンのショップなどがあったりと、買い物も十分にできます。
ドイツ⇔日本だけでなく、格安航空を使ってイタリアやスイスなどへも簡単に行けちゃいます。個人的にair Berlinが好きだったのですが…。やはりこのご時世ですし、何があるかわかりませんね。ちなみにair Berlinでは下車時にハート型のチョコレートをもらえてました。スチュワーデスの人達もみんな優しくて大好きだったのですが…(涙)もうair Berlinは利用できません。
格安航空を利用していて気づいたのですが、ヨーロッパの格安航空ではアジア人の乗客が結構少ないように感じました。私は当時英語もドイツ語もまだまだというレベルで一人乗車していたのですが、言葉もいまいちで不安そうな顔をしていたのだろうか・・・飲み物はいらないか?大丈夫か?と、何度も訪ねて来てくれました(笑)ドイツ人女性のスチュワーデスさんでした。いい思い出ですね~♪ドイツの空港も日本と同様わかりやすく、安心して利用できますよ。

おすすめポイント
  • ヨーロッパ内なら格安航空の利用もおすすめ

自転車

 


 
ドイツ語で自転車は、 das Fahrradです。
ドイツは日本より自転車の文化が進んでいるような気がします。日本のようなママチャリはほぼありませんが、変わり種の自転車があります、例えば、寝ながら運転する自転車、二人用の自転車、小さな子供を後ろ(前)に乗せられるような小さなワゴンが付いた自転車など。
上の写真のように自転車専用の信号機や車線があるところもあるので、ドイツで自転車を乗る時は走る場所に気を付けて下さい。歩行者もそれに伴い気を付けないといけません。自転車専用道路を歩行者が歩き事故があった場合、負けるのは歩行者です。自転車専用道路を歩いているのですから当たり前ですね。自転車専用道路を歩いている歩行者をみたら、自転車を運転している人は容赦なくベル鳴らします。
そして車と同様、自転車も基本右側車線です。日本と正反対ということを頭に入れておいてください!日本と勘違いして左側を走ると逆走していることになります。右折・左折するときも、手で合図することを心掛けて下さい。ミュンスターで住んでいたおかげか、ドイツでの自転車マナーは結構身につきました!

おすすめポイント
  • 右側車線、自転車専用車線を走る
  • 右折・左折するときは手で合図をする



 
 
以上、ドイツでの交通機関情報でした。海外旅行をする中で一番不安なのがやはり交通機関を使った移動です。せっかくの旅行、問題なく移動したいですよね。
きっちりプランをすることも大切ですが、その土地のルールに従うことも大切です。日本にもしっかり法律があるよう、訪れる国にも法律があります。旅行中に罰金を払うなんてことないよう、快適に、且つ、気を付けて旅をしてください♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください