おすすめ!私がドイツで使っているシャンプー・化粧水・ボディソープ等プチプラなのに優秀なグッズを紹介します

暑いですね~。日本の異常な気温に比べたらドイツなんてまだ天国ですよね。
暑いなんか言ってられません!でも、暑い~(笑)

どれくらい暑いかというと、私の住んでいるデュイスブルクで今日7月23日(月)は最高31度・最低17度です。

しかし日が落ちるとドイツの夜はひんやりします。むしろ少し肌寒いくらいの日も。

日中は窓開けていないと暑くて家の中はサウナ状態です。なぜなら、ドイツの家にはほとんどと言っていい程クーラーがついてないからです!
あ、扇風機はよく売っていて、使われてる方もいますよ!特に上層階の人。

 
ところで、来年で三十路・・・いえ、30歳になるので美容にも気をつけようと思い始めました。

いや、遅いんだけどね(笑)

これまでドイツへ行くために仕事&勉強を頑張りすぎたせいで美容に無関心でした。
もしドイツへ行くという目標がなければ、今頃日本で化粧品に高額な資金を費やしていて、いろんな男を惹きつけていただろうに・・・なんてw

 
ドイツに来て落ち着いてきた今日この頃。
気付けば目の下のクマや顔のくすみが気になり始めてきました。こんなのでは彼氏の一人や二人も作れん!(一人で十分ですがw)

 
ドイツではちゃんと肌ケアするよう心掛けたいと思い、ドイツの製品を全て片っ端から試してみています。
その中でも私がおすすめのものを紹介したいと思います!ただし、あまりお金をかけないということをモットーにしています(笑)
 



お風呂で使っているもの

 
それでは、まずシャンプートリートメントを紹介します!

向かって左側がシャンプーで、右側がトリートメントです。

日本でいうリンスもあることはあるのですが、私はリンスは使わずトリートメントのみです。

どちらも「Wahre Schätze」という商品名です。

私はハチミツ(Honig)が一番潤いそうだと思ったのでハチミツにしていますが、この「Wahre Schätze」という商品だけでも5種類くらいあります。(各300ml)

 
そしてシャンプーのみ、先日まではこちらを使用していました。

SANTE」というノンシリコンのシャンプーです。

種類は2種類、ボトルのサイズも大と小があります。ちなみに写真のものは大で300mlです。

日本のノンシリコンシャンプーとは違い、こちらのノンシリコンは髪の毛がめちゃくちゃ絡まります。
もともと綺麗な髪質じゃない私なんかもう絡まって最悪です。が、一番上の写真右側のトリートメントを後で付ければサラ~ってなります。

 
補足:2018年7月 ずっと気になっていたトリートメントを購入しました↓

このトリートメントは他にも3種類あるのですが、写真のバナナは感想した髪の毛にいいみたいです♪

レビューもいい評価ばかりだったのですが、全て英語の評価だったので日本人の髪質に合うか不明でした。
でも試してみたところ、レビューにも書かれていたように髪の毛が柔らかくなり指通りがよくなりました!

ドライアー後の髪質もかなりいいです!これはリピ買い決定です!

 
続いてボディソープボディクリームです。

向かって左側がボディクリーム、右側がボディソープになります。

NIVEAボディクリームが特におすすめ!ボディソープは写真右側のものか、そのシリーズのラベンダーの香りがおすすめ!

ちなみに「Dusch Gel」という名前のものがボディソープになります。

ここで注意が必要!ボディソープのところに「Dusch Creme」というものも売られています。
何が違うのかというと、ボディソープの中にクリームが含まれています。つまり、ボディソープとボディクリームの2in1です。

ドイツは日本に比べ湿気が少ないため肌が乾燥します。それならいっそボディソープの中にクリームを入れちゃえ!という考え方のドイツ。
私はこの Dusch Cremeが嫌いです(笑)
というのも、Dusch Cremeだと洗えてる感覚がしないのと、臭いが落ちにくい気がするからです。

ワーホリ時代に一度購入したことがあるのですが、汗の臭いが取れてない気がする!と感じ、それからは「Dusch Gel」のみを買うようにしています。
※Dusch Gelと書かれていても、たまにクリーム入りの物があるので裏側の説明に「Creme」という言葉がないか確認してから買う方がいいです!

 
でも後でボディクリームは必要!ドイツはすごく乾燥してます!
特に冬なんかカッサカサ。今年の夏は雨が少ないからか、私の肌は夏でも乾燥しております・・・

嬉しいことに、写真左のDoveのボディクリーム。
400mlも入って大きいのにかなり安いんですよ!確か1.8ユーロくらいだったかな?
特にこのDoveニオイもいいのでおすすめ!

 

化粧水関連

それではスキンケアに入っていきたいと思います!
まずは洗顔+クレンジングピーリング

向かって左側が洗顔+クレンジング、右側がピーリングです。

ドイツでは結構2in1とか3in1とか多いんですよ。
私がワーホリ時代からずっと愛用しているbebeの洗顔+クレンジングは本当によく落ちるしベタベタ感全くしません。
ただ毛穴の汚れが落ちてる感じは全くないので、別にピーリングを買っています。
 

補足
たしか3in1でピーリングも入ってる奴を昔使ってたなぁ。
でもなぜ2in1のbebeにしたのかというと、ピーリングが入っていると洗う時顔が痛い!
刺激が強いという意味ではなく、ピーリングのブツブツしたものが入ってるからそれが肌に当たって痛い!そしてbebeよりクレンジングの落ちが悪かったからです。

 
洗顔後は化粧水

向かって左側が水スプレー、右側が化粧水です。

dmというドラッグストアには、「Balea」と「Alverde」という商品があります。
おそらくdmブランドなのだと思いますが、なんせ安い!300mlで日本円で300円くらいです。

写真左側の水スプレーは特に必要ないのですが、なんせ年齢とともに潤いがなくなってきているので化粧水が入りやすくなるように化粧水の前に顔全体に振っています。
1.45ユーロと激安でした!日本でよく売られているアベンヌウォーター的な?

アベンヌウォーターと違うのは、これはただの水だということ!(笑)
ちなみに、ドイツでもアベンヌウォーター買えますよ!

 
続きまして~、保湿のためにクリームと夜だけQ10クリーム

向かって左側がNIVEAのソフトクリーム、右側がナイト用Q10クリームです。

NIVEAのソフトクリームは日本でも売られているのでみなさんご存知ですよね。
こちらは顔・体両用でサラッとしているので顔につけてもベタベタしません。感想が気になる部分のみつけています。

Q10クリームは、老けを少しでも減らそうとただただつけています(笑)
4ユーロくらいでdmで売られています。30歳からと書かれていますが、25歳から使っていますw

※ただし、化粧水でいっぱい保湿してから使って下さい
そのまま使用するとビタミンが入っているため日本人には少し刺激が強いかもしれません。
傷みを感じた方は使用を避けるか、保湿クリームをつけた上からつける方がいいかもです。

ちなみに乳液はつけないのかというと、つけません。
つけると保湿はするのかもしれませんが、ニキビができやすくなるから私はつけません!

 

コンタクト用

コンタクトを使用されていない方は次へとお進み下さい♪

向かって左側がコンタクト装着液、右側がコンタクト保存液です。

左側の装着液は必要ないかもしれません。コンタクトケースから取り出したレンズを目に付ける前に手で洗い、装着するための液体です。

しかし右側の保存液はコンタクト使用されている方は必須だと思います。
KOMBI LÖSUNGと書かれている方は洗浄+保存が1つのボトルに入っています。日本で売られているのと同じようなものです。

ただし、日本同様ソフト用とハード用がありますのでご注意を!
「weiche」と書かれているのがソフト用、「harte」と書かれているのはハード用です。

どちらもdmで売っており、360mlで約5ユーロくらいです。

 

おまけ

デオ対策

 
汗対策グッズももちろんドイツでも買えますよ!
というか、むしろドイツの方がかな~りお買い得で購入できます。

私がおすすめなのは、Baleaのロールタイプです。
特に写真のピンクが一番効果的でした!50ml入って約50セント(70円くらい)です。

日本なら500円くらいするものが、こちらでは激安です。ワーホリから帰国する時まとめ買いしたのをまだ覚えています(笑)

 

シャンプーにはこのグッズ

これはドイツには売ってません!

日本から持参したものなのですが、こちらは水のせいなのかシャンプーが全く泡立ちません。
一番初めに紹介したWahre Schätzeはまだ泡立つ方なのですが、ノンシリコンシャンプーなんて全くです。

また、日本から持参したシャンプーでも硬水の地域であれば泡立ちが悪くなる場合があります。
でもこのグッズがあればシャンプーの泡の心配はいりませんし、少量のシャンプーで済むので節約できて一石二鳥です!

日本から来る時はダイソーでも売ってるので1つ持参してきてもいいかもですね♪

 

おすすめしない化粧水

 
ここまでおすすめのものしか紹介してきませんでしたが、一つ日本人にはあまりおすすめしない物も紹介しておきますね。

まぁ全ての日本人対象ではないかもしれませんが、敏感肌の方はやめておいた方がいい化粧水です↓

日本ではシャンプーで有名なロレアルパリの化粧水です。

入れ物も他の商品と違い少し高級感があり、値段もそんな高くありませんでした。
またビタミンが入っているところに惹かれ購入したのですが、肌につけたとたんヒリヒリして仕方ありませんでした・・・

特に口回りが痛くて仕方なく、その日から口回りの乾燥がひどくなりました。
捨てるのはもったいないのでおでことかにだけ使っていますが、もう二度と買わないと思います。
 

注意
ドイツで気を付けたいのが、化粧品だけではなくシャンプー、ヘアカラーの購入もです。
日本人の髪の毛・肌は外国人のものに比べ薄いため、海外の製品を使うと肌や髪を傷めてしまうという時があります。

 
私の場合、自分に合わないシャンプーを使うと髪の抜け毛が激しかったです。
また、化粧水も刺激が強い(特にビタミン系)ためオーガニックのものを選ぶようになるかもしれません。

 
以上、私が日常使用していておすすめできる商品でした!
日本から持参してきた化粧品もなくなったのであれば、ぜひこの機会にドイツの化粧品も試してみてはいかがでしょうか?

 
最後に!日本の物の方が良かったな~と思うのが、「ハトムギ化粧水」「大量に入ったマスク」「美白化粧水」です。
長くドイツに住む方は共感していただけるのではないでしょうか♪ では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください