ドイツ語文法【レベルA1ー①】

自分のメモ用としても、ドイツ語の文法A1-1編をまとめてみました。

大まかに分けますと、ドイツ語はA1・A2(初級)、B1・B2(中級)、C1・C2(上級)と3つにレベル訳されています。
今回はA1についてなのですが、1記事では書ききれないので3つの記事に分けてまとめてみようと思います。(※他記事作成中)

ドイツの語学学校で使用したテキストをもとにまとめています。勉強の参考となればうれしいです。




名詞(Nomen)

名詞の種類(性)

ドイツ語には3種類(4種類)の名詞があります。

男性名詞 der
女性名詞 die
中性名詞 das
複数形  die
ここでは、見分けが付きやすいように各名詞別に色をつけてみました。
(自分の手書き単語ノートにも上のように色付けしてます♪)

このように、ドイツ語の名詞には3種類(4種類)があります。なぜ4種類と断言しないのかというと、複数は言葉の通り、複数というだけだからです。男性名詞が複数になると複数形になりますし、女性名詞が複数になると複数形になります。なので、実質3種類と言った方がいいのかなと私個人的には思います。
※重要なのは、derdiedas(die)と聞いたら男性なのか女性なのか中性なのか、ちゃんと頭でわかっておくことです。

つづいて大切なことは、「格」です。格と言われてもピンとこないと思うので説明します。
みなさんは英語で「I・my・me・mein」とかいうアレ、学びませんでしたか?それです、アレです!(笑)
アレがドイツ語でもあって、格によって形が変化します。これを格変化というのですが、英語よりややこしいところは、名詞の種類(性)が変わるだけでなく名詞の語尾も変わるところでしょう。のちのち詳しく説明していきますが、性と名詞の間に形容詞が入る場合(例:die schöne Stadt)の形容詞の語尾も、格によって変形していきます。
ややこしく聞こえるかもしれませんが、慣れの問題なので今はあまり不安にならなくて大丈夫です。いつの間にか覚えています。

格には4種類「1格(主格)・2格(属格)・3格(与格)・4格(対格)」があります。

1格(Nominativ): der(~は・が)
2格(Genitiv) : die(~の)
3格(Dativ)  : das(~に)
4格(Akkusativ): die(~を)
基本的にはこのような訳(~は・が、~の等)になります。
しかし勉強するにつれ、あれ?この「は・が・の・に・を」が当てはまらないドイツ語訳だぞ?というものに直面します。ここがドイツ語の難しいところ。
でもまずはこの基本を覚えて下さい。今はNominativ(主格)なら「~は・が」、Genitiv(属格)なら「~の」と訳すというのを分かってもらえればOKです。

これを先程の名詞の種類(性)と合わせてみると、下記の表になります。

定冠詞 男性名詞 女性名詞 中性名詞 複数形

Nominativ
(~は・が)

der die das die
Genitiv(~の) des der des der
Dativ(~に) dem der dem den
Akkusativ
(~を)
den die das die

※これらすべてder・die・das・dieは英語で言うと「the」にあたります。

この変化が基本となるので、まずはこれを丸暗記してください♪

MIZUKI

上の表は英語で言うと「the」と言いましたね。そうです、何か特定したものを言う時はder・die・dasを使います。その特定したものというのは下記の時です。
  • 世界で1つしかないもの(太陽・月のように誰もがこれだとわかるもの)
  • 固有名詞
  • 会話で既に出てきたもの
 
では、英語の「a・an」に当たるものはないのか?というと、あります。
「a・an」のように、話の中で初めて出てきたものや、一つと考えられるものには、ドイツ語では「eineineein」を使います。下記、表でまとめてみたので参照して下さい。

不定冠詞 男性名詞 女性名詞 中性名詞

Nominativ
(~は・が)

ein eine ein
Genitiv(~の) eines einer eines
Dativ(~に) einem einer einem
Akkusativ
(~を)
einen eine ein

お気づきでしょうか?そうです、複数形がありません。「ein・eine・ein」は基本的に”一つ”と考えるため、二つ以上ある複数形には使えません。
ただし、否定の時はこれが例外となります。それでは否定の時の変化も一緒に覚えていきましょう。基本的には ein や eine の前に「k」を付けるだけでいいです。

不定冠詞否定 男性名詞 女性名詞 中性名詞 複数形

Nominativ
(~は・が)

keiner keine kein keine
Genitiv(~の) keines keiner keines keiner
Dativ(~に) keinem keiner keinem keinen
Akkusativ
(~を)
keinen keine kein keine

この名詞を直接否定する keinkeinekeinkeine の使い方は簡単です。

(例)これは猫ではありません。
Das ist keine Katze.
このように、名詞の前に置いて、名詞を直接否定します。ここで、なぜ「keine」になるのか?というところですが、これは後に来る名詞の性によって変わってきます。猫は女性名詞で「die Katze」と言います。後ろに来る名詞が女性なら、女性になるということです。そしてこの文の場合、keine Katzeは「Nominativ」です。なので、Nominativの女性名詞は、「keine」なのです。

上3つの表、何か共通点があると思いませんか?
2つ目の表einと3つ目の表keinの違いは前に「k」があるかどうかだけの違いですね。では1つ目の表der・die・das・dieはどうでしょう?
Nominativのder・dasと、Akkusativのdasを除けば、語尾が似てると思いせんか?例えば、die = eine、der = einerなどです。

MIZUKI

 
 

主語・動詞の種類(Subjekt・Verben)

主語

ドイツ語にも英語のように、主語がいくつかあります。同じような形でも大文字と小文字で主語が全く違うということがあるので注意です。

彼女 それ
ich du er sie es
私達 君達 あなた
wir ihr Sie
MEMO
※あなた(you)は、大文字で「Sie」と書いて下さい。ここで小文字で「sie」と書いてしまうと、彼女という意味になってしまいます。
※しかし、彼ら・彼女ら(=they)は、小文字で「sie」です。ややこしいですね。この小文字sie 彼女と彼・彼女らの違いは、後に来る動詞の形で区別がつきます。後で勉強していきましょう!
 
 
これら主語にもそれぞれ格変化があります。まずはその基本となるGenitivを用いて種類を説明していきますね。

所有冠詞一覧

私(ich)の 君(du)の 彼(er)の/それ(es)の 彼女(sie)の
mein dein sein ihr
私達(wir)の 君達(ihr)の 彼ら(sie)の あなた/あなた達(Sie)の
unser euer ihr Ihr

これら所有冠詞にも格変化があります。英語で言う、I・my・me・mein という奴ですね。
「私(ich)」を用いて説明してみます。

ich 男性名詞 女性名詞 中性名詞 複数形

Nominativ
(~は・が)

mein meine mein meine
Genitiv(~の) meines meiner meines mein
Dativ(~に) meinem einer meinem mein
Akkusativ
(~を)
meinen meine meines meine

duや彼er、他の所有冠詞についても変化は同じです。deinやseinなどのように、語尾はすべて同じようになるだけです。
 

動詞

英語にある「be動詞・一般動詞・助動詞」がドイツ語にもあります。
ドイツ語の場合読み方は変わり、sein動詞(=be動詞)、動詞(=一般動詞)、助動詞です。英語にもあるように一般動詞から派生して不規則動詞というものもあります。また、これらに加え、ドイツ語には分離動詞というものがあります。それでは詳しくみていきましょう。

sein動詞
sein動詞は英語でいうbe動詞です。英語同様、主語によって形が変形します。

ich du er sie es
bin bist ist ist ist
wir ihr Sie
sind seid sind

これはsein動詞の基本なので丸暗記しましょう。上記の表は現在形の時の場合です。過去形の場合は以下のようになります。

ich du er sie es
war warst war war war
wir ihr Sie
waren wart waren

使い方は簡単、主語に合ったsein動詞を選ぶだけ。

(例)私は日本人です。/彼はドイツ人です。/私達は日本人です。
Ich bin Japaner./ Er ist Deutscher./ Wir sind Japaner.
 
 
一般動詞
一般動詞というのは、sein以外の動詞のことです。例えば、wohnen(住む)、lachen(笑う)、tragen(着る)などです。
この一般動詞、英語より少しややこしいです。何がややこしいかと言うと、英語同様に過去形や現在完了形による動詞変化がある上に、規則動詞でも主語によって語尾の形が変わってくるところです。例えば、wohnen(住む)という動詞は規則動詞ですが、主語「私(ich)」の場合は Ich wohne になり、「君(du)」になると、Du wohnst と語尾が変化します。この語尾変化は下の表を参照してください。
※基本 er と sie の形は同じです。

規則動詞の語尾変化

私(ich) 君(du) 彼(er) 彼女(sie)
wohne wohnst wohnt wohnt
私達(wir) 君達(ihr) 彼ら(sie) あなた/あなた達(Sie)
wohnen wohnt wohnen wohnen

英語同様、ドイツ語にも不規則動詞があります。どの動詞が不規則動詞になるのかは覚えていくしかないのですが、「動き」がある動詞に多い傾向があるように感じます。例えば、haben(持つ)、fahren(行く〈乗り物で〉)、gehen(行く〈歩いて〉)、finden(見つける・思う)などです。
それではこちらも過去形・現在完了形に分けて下記の表を見ていきましょう。

過去形 haben fahren gehen finden

ich

hatte fuhr ging fand
du hattest fuhrst gingst fandest
er/sie hatte fuhr ging fand
wir hatten fuhren gingen fanden
ihr hattet fuhrt gingt fandet
Sie hatten fuhren gingen fanden
現在完了形 haben fahren gehen finden

sein
haben

gehabt gefahren gegangen gefunden

過去形は明確ですね。主語によって語尾が変化してますね。では現在完了形。現在完了形の表が1行しかないことにお気づきでしょうか?そうです、現在完了形は英語と同じように、sein もしくは haben と一緒に使うため、現在完了形の動詞自体には語尾変化はありません。

【 例 】
「ich bin mit dem Fahrrad gefahren.(直訳:私は自転車で走りました。)」
「Ich habe eine Katze gefunden.(直訳:私は1匹の猫を見つけました。)」。

例の赤ラインにあるように、sein や haben と後に来る動詞によって使い分けされています。どの動詞が現在完了形になった時に sein になるのか haben になるのかはこれも覚えるしかありません。ただ sein になる動詞の方が数少ないので、こちらを覚えてしまう方が速い気がします。

▼ sein になる動詞のうち一部 ▼
fahren / gehen / ziehen / aufstehen / kommen / rennen

上記の他にまだありますが、特によく使う動詞の中でも sein の形になる動詞です。
 
 

助動詞
ドイツ語にも、英語の「must/should/may/will」のような助動詞があります。主語による格変化はもちろんありますが、意味合いとしては英語と似ているので比較的覚えやすいと思います。

助動詞 können müssen dürfen wollen sollen mögen möchten

ich

kann muss darf will soll mag möchte

du

kannst musst darfst willst sollst magst möchtest

er/sie

kann muss darf will soll mag möchte

wir

können müssen dürfen wollen sollen mögen möchten

ihr

könnt müsst dürft wollt >sollt mögt möchtet

SIe

können müssen dürfen wollen sollen mögen möchten

それぞれの意味はこちらを参照ください。

können müssen dürfen
~できる ~しなければならない ~してもよい
wollen sollen mögen möchten
~するつもりだ ~すべきだ ~かもしれない ~しいと思う

 

数字(Zahlen)

ドイツ語の数字は20までは単純なのですが、切りのいい数字を除いて21以降の数字が反転します。
例えば、21の場合は「einundzwanzig」です。分かりやすいように分けて書きますと、「ein-und-zwanzig」です。≪ ein=1 und=& zwanzig=20 ≫ 21のを反転させます。

  1. eins
  2. zwei
  3. drei
  4. vier
  5. fünf
  6. sechs
  7. sieben
  8. acht
  9. neun
  10. zehn
  11. elf
  12. zwölf
  13. dreizehn
  14. vierzehn
  15. fünfzehn
  16. sechzehn
  17. siebzehn
  18. achtzehn
  19. neunzehn
  20. zwanzig
  21.  
    20までは上記のような形で、21からは前述したように数字を反転させます。
     

  22. einundzwanzig
  23. zweiundzwanzig
  24. dreiundzwanzig

※30 dreißig
※40 vierzig
※50 fünfzig
※100 hundert
※1000 tausend
※10000 zehntausend



A1は文法の土台となる部分ですのでしっかり身に付けておきましょう。
また、ドイツで語学学校へ行く方向けのアドバイスですが、語学学校で一から(A1から)勉強するからといって、日本で全く勉強しないでいかない方がいいと思います。最低でもA1は独学でもできますので、事前に勉強していった方が授業にもついていけます。

独学でB1あたりまで身に付けるならこの本がおすすめです。

ドイツ語は難しいので独学は厳しいと思うかもしれませんが、上の本を使っていればまず間違いなくA1は簡単にできるでしょう。

同じ語学学校の日本人で、まったく勉強せず来ていた子は同じレベルを何度か繰り返してました。そうならないためにも、上の本やこのサイトを活用してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください